建築費用がメインになる

全国平均から見ても一番費用がかかる

注文住宅にかかる費用として挙げられているのは、土地代・建築費用・諸経費です。この中で、最も多くかかる費用として建築費用が挙げられます。全国平均では土地代を除けば3千5百万円前後で、一番多くかかる費用と言えるでしょう。都市圏は全国平均よりも多少高額ですが、地方の場合は全国平均を下回ることが大半です。 また、土地代金は数百万円から1千5百万円程度まで、地域によって差が激しいと言われています。諸経費に関しては建築工事費の10パーセント程度だと言われているため、それほど気にする必要はありませんが、諸経費の内訳としては印紙代や仲介手数料、住宅ローン保証料、消費税など税金がメインです。さらに、これらにプラスして引越し・家具購入費用、家を建てるまでの仮住まいの家賃などの費用がかかります。

金額別にできる注文住宅

建物本体にかかる費用として挙げられている金額は、1千万円台から4千万円台以上までと価格に幅があります。例えば、1千万円台の場合、シンプルな外観にするなどコストを抑える必要があるため、徹底的に間取りや建材に創意工夫を凝らした家造りが多いです。また、2千万円台の場合、予算を何につぎ込むのかによって、家への影響が大きく異なります。こだわりのある部分に予算をつぎ込み、他の部分はシンプルという家が少なくありません。3千万円台の場合、やりたいことをほぼかなえられる家造りができると言います。平均的な家造りをするよりも、ワンランク上の設備を導入することが可能です。そして、4千万円台の場合には、家中を希望通りの設備にすることができるでしょう。そのため、家へのこだわりが強く鉄筋や鉄骨構造などに関心がある人向けと言えます。設備に徹底的にこだわったり、特殊な形状の家造りだったりが可能です。